兵庫県高等学校体育連盟テニス部

ホーム新着情報

新人戦団体最終日[新着情報]

2009年10月26日

第52回兵庫県高等学校対抗テニス新人大会(新人戦団体)の本戦最終日(10月25日)は何とか雨にならず、予定の試合をすべて消化することができました。

男女ともにベスト4に残った学校のリーグ戦のうち、24日の「勝者 対 敗者」の対戦からスタート。まず、男子は相生学院が甲南に4-1,関学が明石城西に5-0で勝利した。このときの相生学院の池川選手と甲南の上原選手の2時間に及ぶ熱戦は今大会屈指の好ゲームであった。

その後、2勝同士の 相生学院 と 関学 の直接対決は5-0で相生学院が勝利し初優勝を決めた。

ShinjinTTMB_scene06.jpgShinjinTTMB_scene05.jpg

一方、女子の2日目は、園田が5-0で明石城西を、夙川が雲雀丘を5-0で下し、こちらも2勝どうしの園田と夙川の直接対決となった。結果は園田が5-0で1試合も落とすことなく優勝という圧倒的な強さを見せた。

ShinjinTTMG_scene06.jpgShinjinTTMG_scene05.jpg

以上結果より、男子は相生学院と関学が、女子は園田と夙川が全国選抜の近畿予選に駒を進めた。

この大会の詳細な結果は高体連のホームページにPDFであげておりますのでご利用ください。
https://www.hyogo-tennis.net/koutairen/kiroku/saishin/saishin.html 

表彰式の写真は後ほどアップします。

大会事務局

 

新人戦団体初日[新着情報]

2009年10月26日

第52回兵庫県高等学校対抗テニス新人大会(新人戦団体)の本戦が10月24日(土)しあわせの村会場で幕を開けた。

最初に開会式がクラブハウス前のセンターコートで行われた。

ShinjinTTM_opening02.jpgShinjinTTM_opening01.jpg

参加校は男子が「相生学院・三田・明石城西・芦屋学園・仁川・関学・啓明・甲南」、女子が「園田・龍野・加古川南・雲雀丘・啓明・明石城西・武庫川大附・夙川」の各8校で、まずはベスト8からベスト4にかけてのトーナメントが行われた。試合はすべて8ゲームプロセットで行われた。

ベスト8から4に進出したのは、男子が「相生学院・明石城西・関学・甲南」の4校であった。「明石城西 対 芦屋学園」および「仁川 対 関学」は両対戦ともに対戦成績が3-2。しかも、ダブルスのスコアが8-6を含むという、紙一重の勝負であった。

この日はベスト4に残った学校でリーグ戦の1対戦目を行った。相生学院は5-0で明石城西に勝利し、その強さを示した。

ShinjinTTMB_scene01.jpgShinjinTTMB_scene04.jpg

もう一方のリーグ戦の関学 対 甲南 は両者譲らずS3が9-7となり関学が対戦成績3-2で接戦をものにした。

ShinjinTTMB_scene02.jpgShinjinTTMB_scene03.jpg 

一方女子はトーナメントの結果ベスト4に「園田・雲雀丘・明石城西・夙川」が残った。雲雀丘は3-2で加古川南に勝利し久しぶりにベスト4に入った。

ShinjinTTMG_scene03.jpgShinjinTTMG_scene01.jpg

ベスト4に残ったチームでのリーグ戦の1対戦目は園田と夙川がそれぞれ5-0で勝利し、その強さを示す結果となった。

ShinjinTTMG_scene04.jpgShinjinTTMG_scene02.jpg

インターハイ以来しあわせの村会場で久しぶりの高体連テニス部の公式戦だったため、運営側、選手ともに少し戸惑う面もあったが無事初日を終了することができた。

大会事務局

新人戦団体予選結果アップ[事務局からの連絡]

2009年10月22日

「第52回兵庫県高等学校対抗テニス新人大会 兼全国選抜高校テニス近畿大会予選」の予選結果のPDFをアップしました。

「大会記録」メニューの「最新情報」にありますのでご利用ください。

事務局

「しあわせの村会場」の案内[事務局からの連絡]

2009年10月18日

新人戦団体の本戦会場となる「しあわせの村」を予選会場案内のページに追加いたしました。
バスで行く場合の方法と時刻表を掲載しておりますのでぜひご利用ください。

このページは将来的に「予選会場案内」から「会場案内」に変更して、高体連のみならず県テニス協会の試合会場なども入れていくつもりです。徐々に充実していくつもりですのでよろしくお願いいたします。

事務局

新人戦女子団体予選「園田のスーパーシード」について[事務局からの連絡]

2009年09月30日

山本翔子選手(駿台甲英)がインフルエンザのために国体に出場できなくなりました。それに伴い真田涼子選手(園田)がが繰り上げで急遽国体出場となりました。
真田涼子選手は園田の団体メンバーなので「第52回兵庫県高等学校対抗テニス新人大会兼全国選抜高校テニス近畿大会予選」のドローNo1~9予選は以下のようにいたします。

  • 10月3日および4日に行われる予選は園田はスーパーシードとなり、ドローNo2~9で戦う。
  • 1010日にドローNo2~9の勝者がスーパーシードの園田と対戦して準々決勝進出校を決める。
  • 雨天などで予選が順延した場合などは大会本部でさらなる変更を行う(その場合はこのホームページで発表する)。

※ 女子団体戦のドローのPDFは「園田がスーパーシード」の形のファイルに入れ替えました。(9/30現在)

以上 兵庫県高体連テニス部事務局より